×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Delta-2 デルタ・ロケット
デルタロケットのペパクラデータはこのサイト http://www.lansbergen.net/modelbouw.htm

delta HISTORY
米国が開発したポスト・アポロのロケット。
 デルタシリーズの開発は1960年代に遡るが、現在のデルタUは86年のシャトル・チャレンジャーの事故により生じた衛星打ち上げの穴を埋めるべく、87年に開発されて広く活躍している中型ロケットである。
 NASAのほかに、米空軍も使用している。

 打ち上げる衛星や探査機によって各種のバリエーションがあるが、有名どころでは、GPSナブスター衛星や、先般火星に着陸した火星探査機スピリットやオポチュニティなど。
 今日、カーナビが使えるのはこのロケットのおかげなので感謝しよう(笑)
 現在は新型のデルタ4が開発中(デルタ3は開発中止になったらしい)とのこと。
 

MODEL IMPRESSION
  このサイトが提供しているモデルは、どれも良くできています。説明書も丁寧で、パーツシートにも捕捉説明が親切に書かれています。

 デルタロケットシリーズのモデルは、設計者が相当こだわっているらしく、1/96モデルのほかに、1/72「スーパーディテールバージョン」もリリースされています。

 組立の難所は特にありませんが、機体の直径が細いので、筒状に丸めて接着する際、真ん中へんには指が届きませんので、圧着にはなんらかの道具が必要になります。

 それから、補助ブースターロケットの本数が多いので、あまりムキにならず、のんびり作業するのが良いと思います。
 補助ブースターを本体に並べて接着する際、取り付け角度がバラバラだと見栄えが悪くなるので、(数が多いので、不揃いだと目立ちます)この辺は気を付けて作業する必要があります。

back